レビトラについて

サラブレットなレビトラ

レビトラはアスピリンファミリー

世界で2番目の勃起不全治療薬のレビトラは、2001年の誕生しまし、その後2004年に日本で認可を受けました。製造・販売元はアスピリンで有名なドイツの製薬会社バイエル社なのです。レビトラは世界に衝撃を与えたアスピリンの生みの親から生まれた、サラブレットな勃起薬で、「素早く効く勃起薬」として愛されています。

レビトラにジェネリックはあるのか?

レビトラジェネリックの誕生には、レビトラ物質特許と用途特許の2つの特許が満了した後、今度は、長期保存試験や加速試験などで、薬剤の安定性や生物学的同等性などの試験に通過し、厚生労働省より製造販売承認を得ると、レビトラジェネリックの販売が開始できます。

しかし、レビトラに至ってはバイエル社は「バルデナフィル塩酸塩水和物を有効成分とする薬剤を製造する方法」に対する製法特許を取得しており、この「製法特許」をいかに侵害せず製造するかがポイントとなってきます。朗報で、レビトラの物質特許と用途特許の満了は2018年10月31日までなのです。

 

レビトラジェネリック

2018年10月31日に特許が満了すると、各製薬会社がこぞってレビトラジェネリックを申請するのではないでしょうか?レビトラジェネリックというと、海外産ばかりですが、国産ジェネリックも近いうちにお目にかかれます。

さて、各製薬会社がどのように製法特許にある製造方法以外でジェネリックを製造・販売してくるのでしょうか?

 

いざ、レビトラを服用

レビトラジェネリックの購入

レビトラジェネリックは、インターネットで海外より購入が可能になっています。

店頭で簡単に購入できる日が来るまで

海外では、一般的に通販で売られているレビトラやレビトラジェネリックは、1ヶ月分の使用分のみという規制付きで、日本からでも購入が可能です。

 

いざ服用!でもこんな症状をお持ちでないですか?

下記の症状に心当たりのある人は、医師の指導下での服用となります。

  •  主成分バルデナフィルに対し、アレルギー反応が出た経験がある
  •  医師の指導下にない不整脈や狭心症
  •  血液透析が必要な腎障害
  •  重度の肝・腎機能障害
  •  最大血圧が90mmHg、最小血圧が50mmHg以下の低血圧である
  •  安静時収縮期血圧が100mmHg以上、最小血圧が100mmHg以上の高血圧である
  •  過去6ヶ月以内に、脳梗塞、脳出血の経験がある
  •  過去6ヶ月以内に、心筋梗塞の経験がある
  •  網膜色質変性症(進行性の夜盲症)と診断されている
  •  QT延長症候群

 

下記のお薬を服用中の人は、シアリス並びにシアリスジェネリックの服用ができません。

  •  塩酸アミオダロン
  •  硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を投与中

(飲み薬・舌下錠・貼り薬・吸入薬・注射・塗り薬・スプレーを含む)

  •  ニプラジロールを含む点眼薬
  •  抗ウイルス薬(HIV治療薬)
  •  抗真菌薬(水虫の治療薬も含む)

 

レビトラの服用豆知識

服用

性行為予定の約30分〜1時間前に、空腹で水またはぬるま湯と服用します。レビトラは、700Kcalまでの軽めの食事であれば影響を受けにくいとされていますが、主成分バルデナフィルの効果を最大に活かすには、なるべく空腹時の服用が良いかと思われます。

薬効時間

効果持続時間は、薬効の効き目を感じ始めた服用後45分〜1時間の後、10mgで4時間〜5時間、20mgで8時間〜10時間といわれています。

*体質などの個人差があり

副作用

副作用として、顔の火照り・頭痛・動悸・腹痛・目の充血などがあげられますが、バルデナフィルの効果が消滅すると、このような副作用も消えていきます。

主成分バルデナフィルで勃起が起こるメカニズム

勃起は、陰茎海綿体に血液がたまりこむ事で起きる生理現象です。

精神的または肉体的に性的刺激が加わる事で、大脳からの刺激が、背骨の仙髄のところにある勃起中枢に伝わり、副交感神経が刺激され陰茎海綿体に血液が流れ込みます。

この働きを阻害してしまうPDE5という物質があり、この物質は勃起が萎える時に働く物質です。何らかが原因で、このPDE5という物質が大量に放出してしまうと、勃起不全の症状が起きてしまいます。主成分バルデナフィルはこのPDE5の働きを阻害する、「PDE5阻害薬」の成分で、勃起を阻害する物質を阻害し、勃起をサポートするのです。